/*グーグルアドセンス自動広告*/

にゃー夫ブログ

惨めさから抜け出す慰めは2つある。音楽とネコだ。<シュバイツァー>

ヨットで使うウエットスーツはどれが良い?その2(種類編)

 

 

 はじめに

ウエットスーツの種類が多い!」

「どれを買えばいいのかわからない!」

「最低限買えば良いのはどれ?」

と言うヨット初心者のために

ヨット用のウエットスーツをまとめてみた。

 

 

 

もくじ

 

 

全身(フル)ウエット

 

真冬はやはりフルウエットが

必須であると思う。

上半身と下半身、別々に買う手もあるが

水に落ちた場合、

すき間から大量に水が入ってくる。

 

個人的には

7ミリ → 動きづらい

5ミリ → おすすめ

3ミリ → 寒い

胴体は5ミリで腕は3ミリなど

動きやすいものもあるのでそれがおすすめ。

 

 

後から5ミリでは寒いなと思ったら

ラッシュガード(ポリウレタンやポリエステルできた

薄い生地の着衣)などのインナーを重ね着するという

後からの対策法もある。

 

ヨットメーカーのウエットは値段が

高いのでネットで買うのでも全然

構わないと思う。

 

ただ、

ダイビング用 → 全身一律

サーフィン用 → 可動域を薄めに作ってある

と言うことが多いので、

買う時に注目して欲しい。

ダイビング用だと疲れやすい

おそれがある。 

 

下半身ウエット

 

個人的にかなりおススメのアイテム。

とは言え、真冬にこれのみで出艇すると

低体温症、または死体で着艇することになるので、

気を付けよう。

 

下半身のウエットは季節の変わり目で活躍するのだ。

秋の「ちょっと寒くなりだしたかな」という時期と

春の「けっこう温かくなりだしたな。」という時期の

2つで使える。

 

上半身に発砲スチロールのライフジャケットを

密着するように着ている場合は多少は保温効果がある。

また、なぜか人間は下半身が温かい方がなぜか落ち着く。

 

個人的にはウエットスーツ

全身(フル)ウエット5ミリと下半身の2ミリウエットで

まぁやり過ごすことができた。

 

強いて言うならこの2つの時期の間用に

ロングジョンがあればさらに便利だったかもしれないが

経済面から考えたらフルと下があれば年間を通して

最低限それなりにやっていけると思う。

 

上半身ウエット (タッパー)

 

 

 下半身ウエットやロングジョンとの

組み合わせで真冬の装備に

使われることが多い。

 

フルウエットより

上半身ウエット+下半身ウエット

にすると上下分けれるので かさばり にくく

持ち運びの際にやや楽かもしれない。

 

 

 

ウエットソックス

こちらはフルウエットの次に買ってほしい

防寒対策アイテム。

真冬はこれなしでは出艇したくない。

 

しかし真冬に限ってこれが

艇庫で行方不明になったり

名前が消えて誰かに持ってかれたりする。

(何回も洗うと油性ペンでも名前はすぐ消える。)

 

よって、簡単な刺繍

人と被らないように購入するなどの

工夫もおすすめしておこう。

 

脚は温かさ取り戻すために重要な場所だ。

ウエット素材の物であり動きやすそうであれば

正直これは特に、わざわざかっこいいメーカー品

を買う必要はない。

 

 

 

 

ロングジョン

ロングジョンの良いところは

 腕や肩がフルウエットより疲れにくい。

 

そもそもウエットスーツは体に

密着するように作られているので、

防寒性を得る代わりに結構動きにくくなる。

 

動作がしやすくなると言うのは

競技時間が長いヨットにおいて

重要なことだ。

 

ただ、真冬の時の事を言うと

ロングジョン+パドジャケでは

厳しいかもしれない。

ロングジョンを先に買ってしまったという人は

上半身ウエットと組み合わせると良いだろう。

 

「下半身ウエットじゃ寒そう、でも

フルウエットは熱いかも」そんな日に

活躍するだろう。

 

あと、見た目的に言わせていただくと

決してかっこよくはないと思う。

しかしこれはパドジャケを着ると

解決する。

 

こんな感じ ↓ ↓

 f:id:hirotarooo:20181109063426p:plain

 

 

 まとめ 

今回の解説では最低限のウエットスーツだが

他にもたくさん種類はあるので

季節の変わり目い必要を感じたら購入するのも良い。

 

ヨットの装備は寒い時期において確実に必要になるので

個人に優先したいものを購入するとよいだろう。

その参考にしていただけたら嬉しい限りである。