/*グーグルアドセンス自動広告*/

にゃー夫ブログ

惨めさから抜け出す慰めは2つある。音楽とネコだ。<シュバイツァー>

ヨット部に入っても日焼けしない方法

 はじめに

「ヨット部でも

 日焼けはしたくない。」

 そんな人は結構多い。

 

実際ヨット部でガンガン活動していても

真っ白な人はいるので

正しいで日焼け対策を本気ですれば

黒くならなくて済む。

 

もくじ

 

紫外線の種類

日焼けを防止する上で知っておきたい

紫外線の種類がある。

紫外線A波(UV-A)

地上に届く約90%はこのUV-Aの紫外線。

肌の奥まで届き、肌を黒くす作用がある。

 

波長が長いため雲やガラスなども通り抜けやすく、

屋内にいても光がとおればこいつはやってくる。

 

シミ、しわ、たるみの原因にもなる。

 

紫外線B波(UV-B)

こっちは地上に届くのは約10%

肌への刺激が強く、日焼けの後に赤くなって

ひりひりとなる原因。

 

肌の表面部分にダメージを与えるので

シミ、そばかすの原因にもなる。

 

この二つは波長が異なるので

地上に降り注ぐ量がそもそも異なる。

UV-Bはオゾン層や大気中で吸収されてしまうので

UV-Aよりも地表には届きにくいのだ。

 

f:id:hirotarooo:20181115075531p:plain

日焼け止め(塗るタイプ)

PA

PAとはUV-Aの方の紫外線を防ぐ目安のこと、

4段階に分かれている。

  • PA+:UV-A防止効果がある
  • PA++:UV-A防止効果がかなりある
  • PA+++:UV-A防止効果が非常にある
  • PA++++:UV-A防止効果がきわめて高い

 

SPF

日焼け止め化粧品を塗った場合、塗らない場合に比べて何倍の
紫外線量をあてると翌日かすかに赤くなるかを示しています。

引用元:環境省 紫外線保健マニュアル

 

???

回りくどい言い方をしているが

「要はこの数字が大きいほど

 UV-Bによる日焼けをしにくい」とさえ覚えておけばよい。

 

ちなみにSPF50より大きいものは

SPF50+と表示されている。

 

正直ヨット部なら直接光も反射光も

ガンガン浴びるので

両方とも数値はの高いほうが良い。

日焼け止めクリームは肌に悪い?

日焼け止めに含まれている

日焼け止め成分は2つ。

1紫外線吸収剤:科学的に紫外線をブロックする

2紫外線錯乱材:物理的に紫外線をブロックする

 

このうち1紫外線吸収剤有機化合物なので

肌が敏感な人には悪影響を与えやすい。

また、こちらには油分が多く含まれているので

酸化しやすく肌に悪影響を及ぼす可能性がある。

 

いっぽう2紫外線錯乱材は比較的に肌への

影響が少ない。

イメージとしては、肌に細かい粉をまぶして直接反射する

ようなものである。

 

1紫外線吸収剤

2紫外線錯乱材

製品により両方入っているものと

一方しか入っていないものがある。

 

肌荒れが心配な人は

「紫外線吸収剤不使用」

「ノンケミカル」

などのものを選ぶのがおすすめである。

 

塗り方のコツ

ムラをなくすように塗るのが良い。

一気に広い部分を塗ろうとすると

ムラができてしまい肌にもよくない。

 

そのためには

手のひらに広げてから各部位に塗っていく方法や

鼻、頬、あご、おでこ、にそれぞれ

点をおき各部分で広げていく方法をおススメする。

 

 

飲む日焼け止め

きれいごと抜きに言うと

「飲む日焼け止め」のみで「ぬる日焼け止め」と

同程度の効果が得られるものは科学的には

まだ存在しない。

 

よって飲む日焼け止めオンリーの日焼け対策は

470で太平洋を横断するくらい無謀である。

 

ただ、一見胡散臭いこのサプリの長所をいうなら

抗酸化作用があるのでしわやシミを抑えてくれたり

日焼けの後のひりひりを

遅らせたりする効果は期待できる。

 

このサプリは「日焼け止めの補助」

くらいに考えるのが良いだろう。

 

10,800円の高級美容サプリが980円!?【マスターホワイト】

 

フェイスマスク

顔の日焼けに対して

日焼け止めクリームよりも確実な方法で

日焼けを防ぎたい場合は

フェイスマスクが有効。

 

日焼け止めのみでヨットをしていた人と

フェイスマスクをしていた人とでは

断然フェイスマスクの方が肌が白かった。

 

ほぼ一日中つけるものなので

呼吸のしやすさ、付け心地のよい

物が好まれる。

 

 

サングラス

「目から日焼けする」ことも

最近では明らかになっている。

 

紫外線が目から入ると

直接肌に紫外線があたったのと同様に

日焼けが起きると言われている。

 

厄介なのがUVカット機能のないサングラスだと

より多くの紫外線を受けてしまうことだ。

 

なぜならUVカット機能がないと瞳孔が開いてしまい

紫外線の浸入度が上がってしまうのだ。

サングラスはUVカットと表示されている

物を買いたい。