将来を考えるのが嫌になった人へ

将来を考えるのが嫌になった人へ

結論から先にから言うと大切なことは

動き続けること。だと僕は思います。 

嫌になると色々考え込んでしまいますよね。でも、考え事ばかりしてしまうと、どうしても動きが鈍くなってしまいます。

そこで、

考えながらでもいいから、しっかりと動くということが、意外と大事。っていう話です。。。

目次

f:id:hirotarooo:20190308031531p:plain

 ふと考えてみると、人生の岐路っていっぱいありますよね。

 

典型的な例えば、、、

・中学→高校

・高校→大学

・大学→社会人or大学院

・転職

・結婚

・退職

 

 単純に考えただけでもこんなにある(´Д`)

こういう人生の岐路においては何も考えずにポーンと動ける人が、ホントにうらやましくなります。

 

ぼくはこういう時に

考えがぐちゃぐちゃになる

 ↓

何も考えたくなくなってくる

  ↓

考えることを放棄してしまう。

 ↓

現実逃避に走る

 

となってしまうので、、、

動けなくなる原因

その原因は何だろうと考えると僕が思うに一番の原因は悩む要素の多さだと思います。

 

例えば

職業は何にしようか悩んだ時を考えてみましょう。

 

・やりたいこと

・得意なこと

・好きなことコト

・周囲の望むこと

・お金

・住みたいところ

 

パッと出しただけでこんなに出てきます。

一瞬だけ数学の話になりますけど、方程式も関数が多くなればなるほどややこしくなるんですよね。

Y=3X+2の関数より

Y=5X³+4X²+3X+2の関数の方が

何やかんややめんどくさそうなカンジがしますよね!

これと同じです。(^^;

 

しかし、ですよ。しかし。

想像とは違うことも想像しないといけない

悩む要素はいっぱいあるけれどどれも経験してみたら意外と思ってたのと違ってることもあります。

ラーメン屋で例えると、ずっと「醤油ラーメンが一番うまい!」と思ってて、醤油ラーメンの注文の注文をしたのに「ごちゃごちゃ言わんと、これ食うとけ!」といわんばかりに天ぷらそばを押し付けられる。

こんな感じのことが少なくないのが人生の岐路ですね?(笑

 

ですが、天ぷらそばを食ってみたら「あれ?これ意外とイケるじゃん!!」とあっという間に天ぷらそば派に寝返ることも可能なんです。

もし天ぷらそばがどうしても無理だというならもう一度醤油ラーメンを食べるために頑張ってみたらいいんです。

一番だめなこと

一番だめだなって思ったことは醤油ラーメンが食べられないからってふてくされてしまって「もういい! どうせ俺は何にも食う̻̻資格ねえし!」

とか訳の分からんコトを言って「何も食べない!」とふてくされてしまう事ではないでしょうか。

歴史上の偉人達も、大抵はとてつもない困難に立ちふさがります。しかしその後、ふてくされなかったからこそ偉人と称賛される偉業を成し遂げることがほぼ100%のお決まりパターンです。

「結論」

とりあえず動くことによってしか得られない何かがあると思う。

 

時々は立ち止まってもいいけれど

それも動き続けることの

エネルギーとして使いたいですね!