「解決方法を知る」だけでストレスは軽減される

「どうすればこの悩みを解決できるんだ?」

「この悩みは一生なくならないんじゃないか?」

などなど、悩みの種はともかく、悩みに対してどういう風に向き合えばいいのか、我々人間は良く分からなくなります。

 

そんな中ある事実を発見したのでお伝えしたいと思います。

実は、解悩みに対しては「解決方法を知る」だけでストレスは軽減されるそうなんです。

僕は今までずっと悩みの解決方法が分かっても悩み自体が解決しなければストレスは解決しない。とずっと思っていましたが、

どうやら精神的な観点からの効果はだいぶ違うようです。

それは以下の動物実験で証明されているようです、、、

 

2つのゲージにそれぞれ1匹のマウスを入れて、そのマウスに電気ショックを与えます。Aのゲージにだけ電気ショックを止めるレバーがついていています。そのレバーを踏むと両方の電気ショックが止まる仕組みになっています。

 

したがって、電気ショックを受ける回数、時間は、AとBのマウスは全く同じになります。何度か電気ショックを与えると、Aのゲージマウスは、電気ショックを止める方法を学習します。

 

レバーを踏んで自分で電気ショックを制御できるマウス(A)と、何でもできなくて、ただ電気ショックにおびえるマウス(B)では、どちらがストレスの影響を受けるでしょうか?

 

結果は、電気ショックを受ける回数や時間は全く同じであったにもかかわらず何もできないBのほうは、ストレスによって猛烈な速さで衰弱し、よりストレスの影響を受けたのです。

 

 引用文献:読んだら忘れない読書術 樺沢紫苑

 

この事実を知ってから過去になにか問題を解決した事も大きな自信になるのかもしれない。と思うようにもなりました。

 

もちろん問題は解決できることだけでなく、どうしても変えることのできない問題もあります。(親とか、生年月日とか、過去の事もそうですね)

 

しかし、大きな問題に対して、現状ではどうしようもならない。と思っていた問題を

解決した、あるいは解決する方法が存在する。

 

.....と言う事実を「知る」ことによって、実際に解決できなくて、現状は変わっていないかもしれないけど精神的な面では安らぐことができるのかもしれません。

 

個人的な見解ですが「成長マインドセットが大事だ。」という考え方に説得力を持たせてくれるような情報だなぁと思いました。

 

 

実行に移すことももちろん大事だけど、もし実行に移す「勇気が未だなかった」としても何か問題を解決するために努力をすることは精神的に意味はあるのかもしれないですね。

悩みに対して解決しようという精神の大切さ。が良く分かりますね(^^)/

 

悩みを解決しようと

「もがく」って大事。

 

この記事は

以下の本を参考文献にして作っています。