ストレスのかかる「短所克服」はホドホドで良くね?という話

人間の二つの成長方法

人のが成長するとき、

成長方法は二つに分けられます。

それは

長所進展短所克服です。

 

f:id:hirotarooo:20190310214607p:plain

 もくじ

今まで。。

長所進展とは、

強み、長所を伸ばすこと。

短所克服とは、

弱み、短所を改善すること。

 

一般には、

勉強でもスポーツでも、

短所をアベレージ(平均)あたりに

伸ばしておいて、かつ

長所をひとつ、他人より抜きんでているものを

作り出すことが重要だとされています。

(特にプロレベルでは)

 

例えば野球において、、、

超走るのが早くても、

超絶バッティングがへたくそ

だと、野球では通用しませんね。

 

サッカーにおいても、

超絶、走るのが速くても、

ボール蹴るのが下手くそ

だとサッカーでは活躍できませんよね。

(これはウサ〇ン・ボ〇ト選手が

身をもって証明してくれています|д゚)ww)

 

ある程度、そのほかのサッカーに必要な

スキルがないと第一線のプロの中では

使いもんに ならんわけです。

 

念を押して言うと

例え走るのが世界一速くても

短所ばっかりの選手は、少なくとも

プロとして第一線で活躍することは

非常に難しいでのです。

(ボ〇ト選手、たたいてばっかですんません。

 僕よりは絶対チームの役に立ってます(´ω`)

 たぶんおカネの面では特に

そして今までの時代は、、、

日本の義務教育でも短所を克服する。

と言うことが非常に重視されています。

 

まあ、考えてみたら別にそれ自体は

正しいと思うんです。

(小中学生は、ほっといたら教室が

 自然と動物園状態になるので(笑))

 

基礎知識はどうしても

つけておかないと短所になることが

多いですから、こういうことを考えると

小学校、中学校はまだ、

短所を無理やりにでも克服すべき

場所なのかもしれません。

 

しかしですよ。

これから。。

義務教育の後は長所を、、(ここからが記事の本質)

義務教育を過ぎて、なおかつ

高校を卒業したら、その時点で

直せなかった短所は、いったんあきらめるのも

良いのではないでしょうか。

 

なぜならショーもない短所は

これからの時代AIが活躍する社会において

ほとんど代役してくれるからです。

 

記事の初めにスポーツ選手や

勉強などでは決められて枠の中で

勝負することが定められているので

どうしても、長所だけでなく

短所を伸ばさないと生きていけないのです。

 

スポーツや、学校の試験では、

AIや他人の力を使いながら試合や試験に

臨むことはできません。

 

しかし、社会人になったら、

「スマホは2時間まで」とか

「インターネットは会社で

 しか使ってはいけない」とか

ルールで縛られているわけではないですよね?

 

短所はテクノロジーに頼る

 遅刻が多いと

死ぬほど怒られてきた筆者ですが、

時間管理もテクノロジー(スマホ、パソコン等)

を利用すればいいんです。

 

 何をやらせても作業が遅いと

死ぬほど怒られてきた筆者ですが、

作業を細分化して苦手なところは

テクノロジーや得意な人に任せればいいんです。

 

 テストの点が悪すぎると

死ぬほど怒られてきた筆者ですが

テストの範囲よりも職業の範囲はバカデカいので

自分の得意な分野を選べばいいんです。

(・・あれ?・・俺おこられてばっかやん(;´з`))

 

社会での満点はほぼ無限に等しい

別に義務教育を全否定したいわけでは

なくてですね。

 

そもそも学校に入るための試験では、

長所を伸ばすよりも

短所を伸ばす方が効率がいいので

こういう考えが出てくるのだと思います。

(80点の教科よりも40点の

 苦手教科を伸ばす方が効率がいいですよね。)

 

しかし、社会人になったら、死ぬほど受けてきた

100点満点のテストは存在しないに等しく。

 

上限は無限に存在するわけです。

つまり、マイナスになるほどの短所でさえ、

テクノロジーの利用や、

他人の力を借りることに

よって、埋め合わせがキくと言う事です。

 

長所を伸ばす方が簡単!

しかも長所を伸ばす方が簡単なんです!!

長所の方が成長マインドセットが

なされている場合が多く。

(=自分は努力で成長できるという感覚)

 

長所のようにマイナスのイメージがないために

モチベーションが上がりやすいんです。

苦手な教科より、

得意な教科を勉強するほうが

楽しいし、面白いですよね?

 

100点をとれる教科の勉強を

もっとできるって考えたら

簡単と言うか

ぼくはそれ以上にワクワクします(^^♪

 

{....え?100点をとれる科目が

 学生時代にあったかって?

それは余裕で無かった

んですけどね☆\(≧▽≦)ノ

 

 今回はそういうお話じゃないんで

 勘弁してくだせぇ(ノД`)・゜・。}

 

結論

最低限の短所はAIなどのテクノロジー

に任せられる時代になる。

大人になってからの勉強は

長所を伸ばそう!