新しい時代を生きるために、【令和、どう生きるか】

何人いる?

あなたの周りに「高齢化の準備を始めている人」は何人いるだろうか?

正直、1人いるかいないかぐらいではないだろうか?(ちなみに私は、そもそも周りに人がいない。)

 

高齢化を " 知っている ” 人は多いが、
 " 対策をしている人 " はほとんどいない。 のだ。

 

新しい時代において、どう生きるかと言うことは我々にとって非常に重要である。今までの歴史を考えれば分かるように「農業をしていた時代」と、産業革命の後の「工業化の進んだ時代」では文化や生活、働き方など、人間の暮らしは大きく変化している

 

同様に、これからの時代はAIが発達していき高齢化が加速、など、今までとは異なる社会と技術革新が進んでいるのだ。我々の生活に変化がないわけがない。

 

日本は、世界の中でも長寿化が進んでいる。日本を他の国々もどうなるか見守っている。日本が高齢化した時、「これは失敗したらしい」、「これは成功したらしいぞ!」と言う情報は他の国取っても喉から手が出るほど重要なのだろう。

そんな、前例のない高齢化社会の中では、過去のモデルが役に立たなくなる。

 

 

そんな「明らかに変化の激しい時代」にもかかわらず、「高齢化」は知っていても「それに対する準備」をしている人が少ないのは、明らかに稼げる人と稼げない人の差になるだろう

「準備をしている人」「準備をしていない人」よりもビジネスチャンス、いや全てのチャンスをつかみやすい。

ここでは、それに関することをまとめてみた。

f:id:hirotarooo:20190429190745p:plain

もくじ

 

テクノロジー

言うまでもないがこれからも機械化は進み、人間の単純作業はどんどん減っていく。そんな社会において、経済的な価値生み出していく(おカネを稼いでいく)には、どのようなスキルが必要なのだろうか?

機械の進歩が速すぎて、すべてにおいてテクノロジーが人間より優れていると思われることすらあるが、もちろんそんなことはない。

 

機械に代替されにくいスキルを身に付けることによって、この問題は解決することができる。

機械化が進んでも必要なスキルとは?

高齢化

これもご存じ高齢化は特に日本において急速に進んでいる。

ヨーロッパ諸国の先進国も日本ほどではないが高齢化が進んでいるので、日本は良くも悪くもお手本にされることになるだろう。

この今までとは明らかに生産年齢人口の上がって行く世の中では何が必要とされるのだろうか?

 ⇒高齢化は良いこと?【社会問題を逆に活かす術】

 平均寿命

過去200年間の中で、人類は緩やかだが確実に平均年齢をふやしてきた。

なんと、統計的に考えると今生まれた赤ちゃんの半分は105歳まで生きるらしい。

「令和生まれの赤ちゃんは」は2人に1人が105歳まで生きる!!

 

幸福

平均寿命が上がっても、幸福感がなければそもそも生きていても楽しくない。令和時代だからこそ考えたい、幸せに関する考え方

令和時代で考えておきたい「幸せに関する考え方」

 

知識

一つのことができればご飯が食べれる時代は、もはや終わりを告げようとしている。長い寿命の中では職業の変化もどんどん激しくなる。

 令和の時代でも役に立つ知識を身に付けるには?